検査データの見方

何のための検査なのか、検査データからどのようなことがわかるのか、理解しておきましょう。

(1)透析効率をみる検査:充分な透析を受けられているか 詳しく見る
・尿素窒素 (BUN)
・クレアチニン (CRE)
・尿酸 (UA)
(2)電解質に関する検査:体液のイオンバランスをみています。 詳しく見る
・ナトリウム (Na)
・クロール (CL)
・カリウム (K)
(3)骨代謝異常に関する検査 詳しく見る
・カルシウム (Ca)
・リン (P)
・インタクトPTH (i-PTH)
(4)貧血、栄養状態に関する検査 詳しく見る
・赤血球 (RBC)
・血色素ヘモグロビン (Hb)
・ヘマトクリット (Ht)
・白血球 (W,WBC)
・血小板 (PLT)
・総鉄結合能 
・フェリチン 
・アルブミン (Alb)
(5)肝臓に関する検査 詳しく見る
・AST (GOT)
・ALT (GPT)
・γ-GTP
・アルカリホスファターゼ (ALP)
・HBs抗原
・HCV抗体
(6)甲状腺に関する検査 詳しく見る
・甲状腺刺激ホルモン (TSH)
・トリヨードサイロニン (FT3)
・サイロキシン (FT4)
(7)その他の検査 詳しく見る
・β2-ミクログロブリン (β2-MG)
・血糖値
・総コレステロール (T-Cho)
・心胸比 (CTR)
たくさんあるけど、ちゃんと理解しておくことが大事なんだね。
TOPへ戻る