【簡単1分!】ストレートネック緩和!理学療法士推奨ストレッチ

あなたはストレートネック?

本来、首の頸椎は緩やかなアーチ状になっていますが、長時間のデスクワークやスマホの見すぎなどが原因で、頸椎のアーチが失われ、真っすぐになってしまうことを「ストレートネック」といいます。ストレートネックになってしまうと、肩こりや頭痛など、身体の様々な部位に不調をもたらします。

まず、ストレートネックかどうか、簡単なセルフチェック方法をご紹介します。
①両かかと
②おしり
③両肩

①両かかと②おしり③両肩の順に壁につけ、あごを引いた状態で、後頭部が自然と壁につくことができれば、ストレートネックの可能性は低いと思われます。しかし、後頭部が自然と壁につかない場合は、ストレートネックの可能性が高いです。(あくまでも可能性ですので、正式な診断ではありません。正式な診断は、レントゲンで骨の状態を確認する必要があります。)

今回は、ストレートネックを改善する簡単なストレッチと、筋トレのご紹介をしたいと思います。お仕事の合間に少し行うだけでも楽になると思いますので、是非やってみて下さい!

ストレートネックを緩和! 座ったままできる1分ストレッチ

胸鎖乳突筋ストレッチ
首が前に出た状態が長時間続くと、耳の裏から鎖骨の方に斜めについている「胸鎖乳突筋」が収縮したままになり、凝り固まってしまいます。この筋肉をほぐすと首が楽になり、小顔効果も期待できます。

①まず、首を右か左どちらか一方に向けます。
②・③首を向けた側と反対の手を胸に当てます。
④そのまま首を後ろに倒します。15秒キープ
⑤終わったら、反対側も同様に行います。
NG:上を向かないこと!

タオルを使ったストレッチ
頸椎の自然なアーチを作るストレッチです。首の牽引効果があります。

①首の後ろの出っ張った骨を探します。
②出っ張った骨から指2本分くらい上あたりにタオルの中央を当て、タオルの両端を下に引き、頭の重みでタオルを支点にして頭を後ろに倒します。30秒程度
NG:背中ごと後傾