医療関係者の方へ

TOP >  医療関係者の方へ

医療関係者の皆さまへ

こちらのページでは、医療法人社団 厚済会の透析医療体制やご紹介受け入れ体制、地域医療の連携についてご案内します

透析医療体制について

当医療法人では、横浜市・横須賀市において5つの病院・クリニックを展開しており、人工透析内科では医師を中心に看護師と臨床工学技士のチーム体制で、幅広い透析療法を提供しています。

厚済会の透析機器安全管理

近年、透析機器のハイパフォーマンス化に伴い、生物学的汚染管理や化学的汚染物質の管理は、透析の質や安全を確保する上で重要不可欠となっています。

当医療法人では、透析装置および透析液水質管理のために、医療機器安全管理責任者のもと、透析機器安全管理委員会を設置し、管理計画に基づいた機器の運用を行っています。また、経験豊富な臨床工学技士が透析用水や透析液の管理を徹底し、また、進歩著しい医療機器などを安全に運転できるよう取り組んでいます。

安全性向上のための取り組み

透析液のさらなる洗浄化を目標に、定期的にエンドトキシン検査や細菌測定を実施し、日本透析医学会や日本臨床工学技士会のガイドラインに準拠、あるいはそれ以上の厳しい測定基準値を設けて管理しています。

透析医療エキスパートの育成

進歩著しい医療機器などに十分に対応できるよう、スタッフ教育を実施しています。機器に使われるのではなく、自在に操作できるよう透析医療機器のエキスパートをめざしています。

厚済会の医療規模

各施設の透析ベッド数に合わせ、十分な台数の透析機器を導入しています。多人数用透析液供給装置、透析用患者監視装置、逆浸透法精製水製造装置を備え、文庫じんクリニックには外圧式小型限外ろ過中空糸膜モジュールも設置しています。

横浜じんせい病院 上大岡仁正クリニック 文庫じんクリニック 金沢クリニック 追浜仁正クリニック
透析ベッド数 41床 86床 44床 44床 30床
血液透析
長時間血液透析
在宅血液透析
腹膜透析
オンラインHDF
I-HDF (間歇補充型血液透析濾過)
透析機器台数
横浜じんせい病院 上大岡仁正クリニック 文庫じんクリニック 金沢クリニック 追浜仁正クリニック
多人数用透析液供給装置 1台 2台 2台 2台 1台
透析用患者監視装置 41台 88台 45台 44台 30台
逆浸透法精製水製造装置 1台 2台 1台 1台 1台
無料送迎

上大岡仁正クリニック、横浜じんせい病院、文庫じんクリニック、金沢クリニックでは、患者様に快適な通院生活を送っていただけるよう、送迎車を用意しています。詳細は直接お問い合わせください。

横浜じんせい病院
045-840-3770
電話受付:午前8時30分~午後5時
※日曜日・1月1日を除く
上大岡仁正クリニック
045-844-5739
電話受付:午前8時30分~午後5時
※日曜日・1月1日を除く
文庫じんクリニック
045-790-8280
電話受付:午前8時30分~午後5時
※日曜日・1月1日を除く
金沢クリニック
045-784-8600
電話受付:午前8時30分~午後5時
※日曜日・1月1日を除く
透析スケジュール

穿刺開始時間は患者様の状況により変わる可能性があり、以下は目安となります。車椅子の方、杖使用など歩行困難の方、医師穿刺の方は10分前にご入室ください。

横浜じんせい病院
月水金 8:30~18:00(2部制)
火木土 8:30~18:00(2部制)
上大岡仁正クリニック
月水金 8:30~22:30(3部制)
火木土 8:30~22:30(3部制)
文庫じんクリニック
月水金 8:30~22:30(3部制)
火木土 8:30~22:30(3部制)
金沢クリニック
月水金 8:30~18:00(2部制)
火木土 8:30~22:00(3部制)
追浜仁正クリニック
月水金 8:30~18:00(2部制)
火木土 8:30~18:30(2部制)

時間外をご希望の方はご相談ください

一般外来診療について

当医療法人は、横浜じんせい病院と上大岡仁正クリニックにて一般外来診療を行っています。生活習慣病を始めとする内科疾患の診療や予防医療に力を入れており、大学病院の協力を得て内科全般の診療を各専門医が担当し、専門的医療を身近でお受けいただける体制を整えています。

また、血液検査やレントゲンはもちろん、超音波やCT、骨密度、動脈硬化検査など幅広い検査に対応。上大岡仁正クリニックでは消化器科の専門医が在籍し、上部消化管内視鏡(胃カメラ)や下部消化管内視鏡(大腸カメラ)も実施しています。

対応する診療科
横浜じんせい病院 上大岡仁正クリニック
内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科 内科、循環器内科、消化器内科、腎臓・高血圧内科
対応する検査について
  横浜じんせい病院 上大岡仁正クリニック
超音波
(心・腹・頚・シャント・下肢・甲状腺)
ABI
骨密度
CT
胃カメラ
大腸ファイバー

※上大岡仁正クリニックまたは連携病院にて実施

ご紹介受け入れ体制について

患者様をご紹介いただく場合には、以下の手順にてお願いいたします。

STEP01

ご連絡

転院をご希望のクリニック・病院へ直接ご連絡をお願いいたします。院長および看護師長が対応させていただきます。なお、すべての医療施設が駅から近い好立地にあり、旅行透析にも対応しています。

【クリニック・病院の電話番号】

横浜じんせい病院
045-840-3770
上大岡仁正クリニック
045-844-5739
文庫じんクリニック
045-790-8280
金沢クリニック
045-784-8600
追浜仁正クリニック
046-865-5172
電話受付:午前8時30分~午後5時
※日曜日・1月1日を除く

【現在入院中の方の場合】

まずはお電話いただき、退院予定日や透析希望予定日をお知らせください。患者様の病状など(現疾患・ADL・感染症など)をお伺いさせていただきます。

STEP02

面談日の決定

患者様のスケジュールに合わせて面談日時を決定します。院長が面談をさせていただき、通院の意思確認や院内案内、当院での治療説明などをいたします。面談当日は以下書類をご持参ください。

  • ドクター紹介状
  • ナースサマリー

※ドクター紹介状は患者様が現在受診されている医療機関のものをご使用ください。

STEP03

転院日の決定

転院をご希望のクリニック・病院へ直接ご連絡をお願いいたします。院長および看護師長が対応させていただきます。なお、すべての医療施設が駅から近い好立地にあり、旅行透析にも対応しています。

STEP04

ご連絡

患者様のご希望に合わせて転院日を決定します。患者様専用の大型ロッカーやベッドなどをご用意してお待ちしています。

地域医療の連携について

当医療法人は、近隣の大学病院をはじめ14の腎医療およびその関連医療機関と連携を図る腎臓・高血圧疾患診療のネットワークを整備しています。医療機関に携わる皆さまや、地域の皆さまと信頼関係を築きながら、患者様の病状に応じて大学病院や地域の基幹病院と連携を図っています。ネットワークを活用することで、患者様に専門性の高い最善の医療をスピーディーに提供することが可能です。

【協力医療機関】
  • 横浜市立大学附属病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 済生会横浜市南部病院
  • 済生会横浜市東部病院
  • 横浜南共済病院
  • 横浜栄共済病院
  • 横須賀共済病院
  • 国際親善総合病院
  • 聖隷横浜病院
  • 湘南鎌倉総合病院
  • けいゆう病院
  • 横浜保土ヶ谷中央病院