シャントについて

【食事について】
透析がはじまると、尿量が急速に減少します。その結果体内に水分がたまりやすくなり、尿量にあわせて水分の制限が必要になります。水分の制限をするためには、塩分の制限も必要となります。

カリウムの
とりすぎ注意

食事療法のポイントとしては、たんぱく質をきちんととることと、リンのとりすぎに注意が必要です。血液透析ではカリウムをとり過ぎると生命に関わるので注意が必要です。

【透析中の症状や合併症などについて】
透析を行っているとさまざまな症状が出たり、合併症を引き起こすことがあります。 何かあった場合でも落ち着いて対処するため、また合併症を予防するためにも、あらかじめ知っておくことが大切です。

【薬について】
腎臓は薬の排泄にも関わっています。薬によっては、透析患者さんの腎臓では排泄が上手くいかず、成分が体内にたまってしまい悪影響を及ぼすことがあります。薬を飲むときには必ず医師に相談してからにしましょう。

【検査データについて】
透析の効果や合併症がおきていないかなどを確認するために、さまざまな検査が定期的に行われます。検査結果によっては、食事や生活習慣の見直しが必要なこともあります。 何のための検査なのか、検査データからどのようなことがわかるのか、患者さん自身が理解することが大切です。

毎日の生活の中での
自己管理が必要なんだね
他の透析生活の注意もみてみましょう
食事療法のポイント 透析中の症状や主な合併症
検査データの見方



厚済会の医療施設ご紹介

現在、横浜市港南区上大岡を拠点とし、
京浜急行線沿線に透析クリニックが
4施設ございます。


上大岡仁正クリニック
京浜急行線・市営地下鉄地下鉄ブルーライン 上大岡駅 徒歩1分
一般外来併設

文庫じんクリニック
京浜急行線 金沢文庫駅 徒歩5分


金沢クリニック
京浜急行線 金沢八景駅 徒歩2分
シーサイドライン 金沢八景駅 徒歩4分


追浜仁正クリニック
京浜急行線 追浜駅 徒歩4分



入院設備を備えた療養型病院が
1施設ございます。


横浜じんせい病院
市営地下鉄ブルーライン 港南中央駅 徒歩4分
一般外来併設


TOPへ戻る