コラム_透析治療中の患者さんへ 新型コロナウイルスの注意点

厚済会で行っている対策

安心して透析を受けていただくため、職員の健康管理の徹底と、透析環境の整備を重点的に行っています。具体的には、

① 現在、混乱により医療物資の納入が不安定です。そのため、今後も医療を安全に提供できるように、備蓄体制を独自に努めております。
② 行政や協力医療機関と積極的に連絡を取り合い、患者さんが困る状況が無く対応出来るように努めております。
③ 職員に毎朝の体温測定を義務化し、37.5度以上の場合は、出勤停止としています。
④ 体温が正常となっても、せきや痰、だるさが続いている場合は出勤停止とします。
⑤ 取引業者や委託業者、製薬会社の営業員など、職員や患者さん以外の方の訪問は、なるべく控えています。
⑥ 患者さんの更衣室(ロッカールーム)は、密室かつ人の密集がありますので、使用を控えてもらっています。
⑦ 透析室の清掃、消毒、換気を透析時間毎ごとに行うようにしています。

体調の異変を感じたら…

上記の対策を講じても感染される方は、一定数いらっしゃると思います。感染が疑われるような場合は、パニックにならないことが大切です。落ち着いて自分の症状を、クリニックに伝えてください。以下にポイントを記します。

① 心配な症状がある場合には、必ず来院前にクリニックに電話をください。
② クリニックで検査依頼等対応の準備をしますので、自宅で待機してください。
③ 手配が出来ましたら、ご連絡します。必ずその指示に従って行動をしてください。
④ 受診時には、必ずマスクを着用し、集団での送迎サービスなどは利用せず、指示された時間に来院しましょう。
⑤ PCR検査依頼が通るまでや感染の可否が出るまでの間、透析をクリニックで受けることになります。その場合には隔離をさせて頂き、感染予防の観点からスタッフも防護具を着用して対応させて頂きます。
⑥ 御本人様だけではなく、ご家族や他の患者様、スタッフ全員が感染のリスクの中にあります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

まとめ

色々と細かい注意点が多く、実行に当たっては皆さんも多くのストレスを感じることと思いますが、コロナウイルスをうまく封じ込めるかは日頃の私たちの行動にかかっているといっても過言ではありません。これ以上の感染の広がりを防ぐためにも、積極的に上記の予防策に取り組んでいただければ幸いです。

※関連情報
【透析の患者さまへ】新型コロナウイルス予防の取り組みについてご協力とご理解のお願い
【上大岡仁正クリニック・横浜じんせい病院 一般内科】発熱の症状のある患者さまへ事前連絡のお願い
新型コロナウィルス感染症に関する重要なお知らせと予防について