2020年5月号 適度なエネルギー摂取で免疫力をあげよう

ポイント② 脂質で必要エネルギーの20%~25%を確保
植物油・マヨネーズ・マーガリンなどの油脂類は、少量でも効果的にエネルギーが摂れるので、揚げ物・炒め物・マヨネーズサラダなどの料理で上手に活用しましょう。

ポイント③でんぷん製品を料理に利用
春雨・くずきり・片栗粉・くず粉などのでんぷん製品の使用は、カリウムやリンが低いので、上手に利用することによりエネルギーをアップできます。

ポイント④不足エネルギーを間食で補充
主食などを十分に摂れない時は、間食で補いましょう。市販の和菓子やドーナツ、クッキーなどで100~200kcalは楽に補給できます。ただし、日常的には摂りすぎないようにすることが必要です。

※チョコレート、ナッツ類、黒砂糖を使用した菓子類はカリウムを多く含み、クリームや卵を使用する洋菓子は和菓子に比べてリンが多めです。

ポイント⑤低たんぱく・高エネルギーの食品を活用
粉あめ・マクトンオイルなどの治療用特殊食品を上手に利用することで、エネルギーアップにつながります。

おすすめ季節の簡単レシピのご紹介

菜の花とあさりのパスタ
緑黄色野菜の菜の花は栄養価が高く、ベータカロテンやビタミンCが豊富です。あさりは亜鉛を豊富に含み、貧血予防、免疫力アップ効果があります。
ビタミンCと同時に摂取することで、亜鉛の吸収もよくなるので、非常に相性の良い食べ合わせと言えます。

★材料(1人分)
スパゲティ(乾)70g(ゆであがり175g)
菜の花 30g
あさり(砂だし)30g(殻付き75g)
油  8g(小さじ2)
にんにく     2g
赤唐辛子(小口切り)少々
酒       15g(大さじ1)
減塩しょうゆ   6g(小さじ1)

★エネルギー 404kcal
たんぱく質 13.0g
カリウム 156mg
リン 152mg
塩分1.2g

作り方
①菜の花は、2cm幅に切ってゆでこぼす。
②あさりは殻をこすり合わせて洗い、ざるにあげる。
③フライパンに油をひき、みじん切りにしたにんにく、赤唐辛子を入れて炒め、あさりと酒を加え蒸し煮する。
④あさりの口が開いたら、①の菜の花とゆであがったスパゲティーを③に入れて混ぜ、しょうゆをさっとからめて皿に盛る。

新型コロナウイルスは、長期戦の様相を呈しており、外出自粛も重なり、気分もふさぎがちになることかと思いますが、自宅で料理を楽しむ時間も増えたことと思います。この機会にぜひ試していただけたら幸いです。

※関連記事
コラム_透析中の患者さんへ 新型コロナウイルスの注意点