2020年5月号 適度なエネルギー摂取で免疫力をあげよう

はじめに

新型コロナウイルスによる、政府の緊急事態宣言が発令され、日本だけでなく世界中で外出の自粛が行われる中で、透析治療中の患者さんは免疫力の弱さから、感染の不安に常にさらされていることと思います。

感染を防止するためには、外出の自粛や、手洗いうがい消毒の他に、免疫力をキープ、あるいは高めるために、生活習慣の面でも規則正しい生活、食事に平常時よりも気を配る必要があります。

今回は、厚済会 栄養課より、透析患者さんが免疫力を高められるように、食事面での簡単なアドバイス・季節のレシピなどをご紹介させていただきます。

エネルギー不足に気を付けましょう

人間の体は、食べ物によるエネルギーを使って活動しています。体を動かさない状態でも、体温維持・呼吸・血液の循環などによって体力は消耗します。

透析は非常に体力を使う治療であり、透析をされてない方よりもエネルギーを消費するため、エネルギー不足になりがちです。エネルギーが不足すると、免疫力が低下し、貧血や合併症などを引き起こしやすくなります。安定した透析療養を送るためにもエネルギーの上手な摂り方についてお伝えしていきます。

★過度なエネルギー不足が続くと・・・
①体力・免疫力の低下、貧血
②筋力の低下、痩せ
③体のタンパク質が分解、老廃物の増加

エネルギーアップのポイント


ポイント① ご飯を中心とした主食が重要
炭水化物(穀類や砂糖など・・・)を十分に摂ることはエネルギー確保の基本です。中でもご飯を中心とした主食の摂り方が重要です。
必要エネルギーの50%を主食から摂るようにしましょう。

例えば・・・
1日に必要エネルギーが1800kcalの人は50%に相当する900kcalを主食から摂取
➡1食あたり180gが必要。
必要エネルギーが1600kcalの人では1食あたり160g
2000kcalの人では、1食あたり200gが目安になります。