【座ったまま1分だけ!】理学療法士推奨|肩こり解消ストレッチ

そもそも何故肩こりは起きるの?

肩こりに悩まされている方は多いと思いますが、なぜ肩こりは発生するのか、ご存じでしょうか?
人間の頭は成人であれば、体重の約10%(体重50kgの方であれば約5kg)と言われています。かなり重たいですよね。この頭部を肩甲骨周辺や首などの筋肉で支えているため、負担がかかりやすく、肩や首に凝りが起こりやすいのです。

特に、デスクワークの方は、同じ姿勢でパソコンに向かって作業をする時間が長いため、肩周りの筋肉が緊張しっぱなしの状態となり、肩こりが起こりやすいです。作業の合間にほんの少しでもいいいので、ストレッチをして筋肉をほぐしてあげると、肩こりを緩和することができます。

肩こりを緩和 座ったままできる!1分ストレッチ

①左手で右側の頭部を持ち、左側に頭部を倒します。深呼吸しながら15秒キープ。終わったら反対側も同様に行います。※肩は水平を保ち、斜めに傾かないで、頭部だけを倒しましょう。

②壁に向かって背中を真っすぐにして、背中の筋肉が伸びているのを感じながら、手のひらで壁を押しましょう。深呼吸しながら15秒キープ。※この時、背中を丸めないで、真っすぐにするのがポイントです。

③背筋を立てて、後ろ手で手のひらを合わせましょう。深呼吸しながら15秒キープ。

※この姿勢が難しい方は、後ろで手を組んで、組んだ手を上に上げます。深呼吸しながら15秒キープ。この時、背中が前傾しないように、背筋を立てて行います。

一日に3回(3分)、難しい場合は2回(2分)でもいいので、作業の合間にやっていただけると、筋肉の緊張がほぐれて、凝りが緩和されると思います。ぜひお試しください!