【厚済会は「2023年度日本経営品質賞 推進賞」を受賞いたしました】

日本経営品質賞

顧客価値創造を最上位にして経営革新を進めるモデルとして相応しい組織を表彰する「日本経営品質賞」において、
厚済会は「日本経営品質賞 推進賞」を受賞いたしました。

厚済会は、
●社会活動と治療の両立を支える地域密着型の施設運営
●チーム医療の推進と独自の改善活動による患者満足度の向上
●近隣医療機関とのネットワークによる最適な医療提供体制の構築
の点を評価していただきました。

私達組織のありたい姿に向かって、一緒に走り続けてくれているチーム全員と喜びを分かち合いたいと思います。チームには、職員、患者さん・地域・ビジネスパートナー、厚済会に関わる全ての皆様が入っていると思っています。

謙虚に誠実に、「仁愛知技」の理念のもと、
患者さんや地域の信頼に応え得る医療機関でありたい
患者さんにより良い医療・支援とは何か、情熱をもって話し合えるチームでありたい
医療に従事することを幸せに思い続ける私達でいたい

2018年より常に続けてきた、患者さんを中心とした私たちのありたい姿を語り合うことは本当に多くの学びを与えてくれます。経営品質という仕組みを通して、これからも「ありたいチーム」であるために諦めずに努力し続けていきたいと思います。
この場を借りて、いつも厚済会に学びを与え、成長させて下さる皆様に心より御礼申し上げます。

2023年12月22日

厚済会グループ
会長 花岡加那子


日本経営品質賞は、顧客の視点から経営全体を見直し、自己革新を通じて新しい価値を創造し続ける仕組みを有する組織を表彰する制度として、1995年に日本生産性本部により創設されました。一定基準以上の評価に加え、顧客価値経営を目指す他の組織に対する範としてふさわしく、良質のモデルケースとして認められることが受賞の条件です。

本年度の受賞企業はこちらでご覧いただけます。
https://www.jqac.com/jqaward/award/