成長できる環境で。
目標となれる先輩に。

T.S
T.S 臨床工学技士
2013年 中途入職

厚済会に入職した理由はなんですか?

インターネットで厚済会を見つけて、厚済会の理念に惹かれて応募しました。自宅から近くて、どの施設も駅から近くて通勤しやすいということも決め手になりました。

後輩を指導する立場として、研修体制についてどう感じていますか?

入職時の集合研修に始まり、入職後も全体・課ごとなど研修に力を入れているなと感じます。 臨床工学課は新卒の人が多く、プリセプター制度をとっています。患者さんとの接し方からマンツーマンでしっかり指導するようにしています。勉強会も定期的に実施して、皆で研鑽しあっています。

厚済会に入職して、どんなところが成長したと思いますか?

透析療法の勉強に専念できるので、知識や技術を深めることができました。また、人事評価制度の「チャレンジシート」は、自分の成長を実感することができますね。どうしたら目標達成できるか、その過程も自分で考えるので、達成したときは充実感があります。

どんなときにやりがいを感じますか?

臨床工学技士はもちろん、他職種の方や患者さんに、些細なことでも感謝されると「やってきて良かったなぁ」とやりがいを感じますし、「もっと勉強していこう」という気持ちになります。

シフトはどのように決めていますか?

上司がシフトを調整してくれています。お休みの希望が被らないように、事前にスタッフ同士で確認して、協力しながらお休みを取っています。家庭の事情でお休みをいただくときも、前もって上司に報告しているので、問題なくお休みを取れています。

厚済会で働く魅力はどんなところにあると思いますか?

透析療法に関して、高い技術や深い知識を習得できることです。すばらしい知識や技術を持っている先輩方がたくさんいるので、教えてもらえる環境が整っているところも魅力ですね。

今後の目標はありますか?

後輩にとって、目標となれるようなスタッフになりたいです。