一般事業主行動計画

TOP >  一般事業主行動計画

厚済会の社会的役割について

厚済会は、身近な地域で高度な医療を気軽に受けていただくために、患者さんが医師に対して言いにくい・聞きにくいということがなく、何でも話せるように、職員は常に患者さんの立場になって、患者さんはどうして欲しいのかを常に考えて接するように心がけております。

当法人は、医療において最も重要な資質は「謙虚であること」と考えております。 この理念を大切にし、あらゆる機会において全職員に共有することで、同じ方向を向いて患者さんに質の高い医療を提供してまいりたいと考えております。

厚済会の理念はこちら

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法 第12条第1項)

仕事と子育て、その他生活全般において調和がとれた、働きやすい職場環境の整備を目指し、 全ての従業員の能力を十分に発揮できるようにするため、次の計画を策定する。

  1. 計画期間
     2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間
  2. 計画内容
     目標1:女性育児休業取得率100%の継続
     【 対策 】
     2019年4月~
     ・制度周知のため、職員ハンドブックを刷新する。

    目標2:男性職員の育児休業および子の看護休暇の取得促進
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・制度周知のため、ポスターを掲示する。
    ・管理職へ制度の概要を説明し、積極的な利用を促す。

    目標3:年次有給休暇の取得促進
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・年次有給休暇の取得に向けて、職員に対し啓発活動を図る。
    ・一人当たりの年間平均取得日数を把握し、社内で公表する。
    ・従業員の年次有給休暇付与日と付与日数を、所属長へ周知する。

    目標4:小学生未満の子を持つ職員が利用できる短時間勤務制度の導入
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・3歳以上小学生未満の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度を
    新しく作成する。