透析の仕組み

TOP >  透析の仕組み

透析について知ろう

透析とは、正常に機能しなくなった腎臓のかわりに体内に溜まった老廃物や毒素、余分な水分をろ過する治療です。透析には、血液透析と腹膜透析の2種類があります。 血液透析は、ダイアライザーという体外にある機械(人工腎臓)で血液をろ過します。腹膜透析は自分の腹膜を利用してろ過します。

透析が始まったら

透析に移行すると尿量が減るので、水分を制限する必要があります。また、エネルギー、塩分、たんぱく質、リン、カリウムもバランス良く摂取することが大切です

透析についてもっと詳しくみてみましょう。

透析のしくみ

透析には、血液透析と腹膜透析の2種類があります。それぞれのしくみについて簡単にご説明します。

血液透析のしくみ

透析は正常に機能しなくなった腎臓の代わりの役目を担います。血液透析はまず、血液ポンプによって血液をとり出し、ダイアライザーという装置の中に通します。ダイアライザーの中では人工の膜でできた管の内を血液が、外を透析液が流れ、体の中に溜まった老廃物や過剰な水分をとり除いたり、体液のバランスを整えたりします。ダイアライザーを出たきれいな血液は体の中へ戻ります。血液透析は一回3時間程度の治療を1週間に2~3回行います。


血液透析を行う上で重要な「シャント」とは

血液透析を行うためには、体内からたくさんの血液を連続的に取り出す必要があります。そのため手首などの動脈と静脈を結び付け、血流量の多い太い静脈をつくる手術を行って、血液を取り出しやすくします。これが「シャント」です。

シャントは皮膚の内側にあるので、正しくは「内シャント」と言います。シャントは一般的に利き腕ではないほうの手首につくりますが、糖尿病や動脈硬化などの病気や、採血や点滴のくり返しなどで血管の状態が良くない場合には肘の近くでつくったり、人工血管内シャント法、動脈表在化手術法、長期留置カテーテル法などを行ったりする場合もあります。

シャントは透析を行う上で大切なものです。いかに長持ちさせるかが重要ですので、詰まりや感染、出血などのトラブルを防ぐように気を付け、シャントのある腕を正しく管理しましょう。

≫シャント管理の注意点はこちら

腹膜透析のしくみ

腹膜透析はお腹の中に透析液を入れ、腹膜によって水や老廃物をとり除く方法です。腹腔内に透析液の出し入れをするために、カテーテルというチューブを腹部に埋め込みます。24時間連続して行いからだへの負担が少ないCAPD(連続携行式腹膜透析)と、夜間就寝中に自宅で自動的に透析を行うAPD(自動腹膜透析)があります。

CAPD(連続携行式腹膜透析) 腹膜腔に透析液を入れると、透析液中に血中の不要な老廃物や水分が出てきます。汚れた液は捨て新たな液を入れます。これを1日に4回繰り返します。大きな装置は必要ないので、家庭でも職場でも行うことができますが、自分で液交換を行うので、しっかりした強い意志が必要です。
APD(自動腹膜透析) 自動腹膜灌流装置(サイクラー)を使い、家庭で就寝中に、自動的に透析液を交換する方法です。腎臓の働きが残っている方に向いています。夜間だけ腹膜透析を行うので昼間は透析から解放されることがメリットです。