腎臓の働きについて

TOP >  腎臓の働きについて

腎臓のはたらきについて知ろう

腎臓は肝臓とともに「沈黙の臓器」と呼ばれています。腎臓は悪くなっても自覚症状があまりあらわれないため、気付いた時には病気が進行しているケースが多くみられるからです。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、腎臓に良くない影響を及ぼします。そのため、腎臓の悪い方は近年増加しており、日本では1,300万人以上もいると言われます。

腎臓について学び、日常の中での生活に気を付けることが腎臓を守ることにつながります。腎臓がどんなはたらきをしているのか、どうすると悪くなるのか、大切にするにはどうしたら良いのか。自分の腎臓に目を向けてみましょう。

こちらでは、腎臓の構造や腎臓のはたらきについて詳しく説明しています。これから治療を始められる方はもちろん、現在治療中の方も自分のからだと生活を見直すきっかけになりますので、ぜひご覧にください。

腎臓ってなに?

腎臓は腰のやや上のあたりに左右1個ずつあります。大人の握りこぶしほどの大きさで、そら豆のような形をしています。

では、腎臓の中はどうなっているのでしょうか。腎臓の中には「糸球体」と呼ばれる毛細血管の塊があり、糸球体は片方の腎臓に約100万個あると言われています。糸球体には血液をろ過するはたらきがあり、糸球体の中の毛細血管にある非常に小さな孔から水分や老廃物が濾しだされてきます。これを原尿と言います。

原尿は一日に150~160リットル程度つくられます。原尿は尿細管を通る間に水分や栄養素などが再吸収され、そして1.5リットル程度まで濃縮されて、おしっことして尿菅、膀胱を通り体外へ排出されます。

糸球体と尿細管は、あわせて「ネフロン」というひとつの機能単位として考えられています。


腎臓のはたらき

腎臓は、血液をろ過して不要になった物質(老廃物)を尿として排泄するほか、からだの中の水分や電解質、PHなどのバランスを調整したり、赤血球の生産を刺激するホルモンなどを生産・分泌したりする大切な臓器です。腎臓は病気になっても自覚症状がほとんどないため、定期的に健康診断を受けることが大切です。


腎臓のはたらき 1.血液をろ過しておしっこをつくる

腎臓は、血液をろ過して老廃物をおしっことして排泄しています。口からとり入れた食べ物や飲み物に含まれる栄養素は体内で利用されます。その際に生じた代謝産物は不要なゴミ(老廃物)として血液に溶け込み腎臓に運ばれます。

腎臓では血液がろ過されます。ろ過されたものの中にはまだ利用できるものも含まれているので、利用できるものは回収されて、血液へと戻されます。そしてからだにとって本当に不要なものだけがおしっことして尿管、膀胱を経由してからだの外へ排泄されます。

老廃物や栄養素などが含まれた血液は腎臓(フィルター)で濾されます。

からだにとって必要なものは残り、老廃物などいらないものは膀胱へ送られます。

必要なものは、きれいになった血液とともに体内に戻り再利用されます。老廃物などはおしっことして体外へ排泄されます。

腎臓のはたらきが悪くなると、おしっこをつくることができなくなり、排泄されるべき物質が体内に残ってしまいます。そうすると尿毒症と言われる症状を引き起こします。

腎臓のはたらき 2.水分や電解質、PHのバランスを調整する

人間が生命を維持し健康に生活するためには、体液の量や成分が適正に保たれていなければなりません。腎臓はそのためのもっとも重要な役割を果たしています。

腎臓では、体内の水分量や電解質、PHのバランスを調整しています。成人は体重の約60%が水分であり、それがバランスのとれた最適の状態です。汗をかいてのどがカラカラの状態は脱水状態であり、これ以上の水の喪失は危険であるため、膀胱は尿量を減らすように調節します。逆に大量の水分を摂取した際は尿量を増やすように調節します。同様に、ナトリウムやカリウムなどの電解質のバランスも調整しています。

また、人間の血液は弱アルカリ性ですが、酸性に傾いてしまうとさまざまな問題が起きます。腎臓は血液中の酸とアルカリの排泄を調節して、PHを弱アルカリ性に保つはたらきもしています。

腎臓のはたらき 3.ホルモンをつくる・分泌する

腎臓ではエリスロポエチンというホルモンがつくられています。このホルモンは骨髄でつくられる赤血球を増やすはたらきがあります。赤血球は血液の主成分で、肺で受け取った酸素をからだのすみずみまで運び、二酸化炭素を運び出すはたらきをしています。赤血球が少なくなると必要な酸素が送られなくなり、貧血になります。

エリスロポエチンのほかには、レニンという血圧を調整するホルモンもつくられています。レニンは血管収縮作用を持つアンジオテンシンIIというホルモンを介して血圧を調整し、適切な量の血液が腎臓を流れるようにしています。

また腎臓は、ビタミンDを活性化して、カルシウムの吸収を促進するはたらきもしています。ビタミンDは食物以外にも皮膚からつくられ、最初に肝臓で、次いで腎臓で活性化され、初めて作用できるようになります。活性型ビタミンDは、腸管からカルシウムの吸収を促進し、骨を丈夫に保つはたらきがあります。

腎臓病について知ろう

腎臓病とは腎臓のはたらきが低下する病気です。腎臓病には、遺伝性の病気や感染症による病気、生活習慣病による病気など、さまざまな種類があります。病気が進行し、末期になるとからだに老廃物が溜まってしまい尿毒症という状態になり、透析治療が必要となります。

腎臓病はあまり自覚症状がないため、気付かないうちに徐々に進行してしまいがちです。定期的に尿や血液の検査を受けることが重要です。

腎臓病の種類

腎臓病には、腎臓自体に起こる病気、全身性の病気により腎臓が悪くなる病気、生まれた時から腎臓に異常がある遺伝性の病気などさまざまな種類があります。

また、最近では今までの分類にはとらわれず、慢性に進行する腎障害を総称して慢性腎臓病(CKD)と呼ぶようになっています。患者さんは1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いる*と考えられ、新たな国民病とも言われています。腎臓の病気は尿や血液の検査で比較的簡単に見つけることができますので、定期的に検査を受け早期発見・早期治療をすることが重要です。
*エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018(社団法人 日本腎臓学会 編)より
(エビデンス=科学的根拠)

※該当記事へリンク

腎臓自体に起こる病気

腎臓自体に起こる主な病気は、「急性糸球体腎炎」「急速進行性糸球体腎炎」「原発性ネフローゼ症候群」「慢性糸球体腎炎」などです。

急性糸球体腎炎

扁桃腺炎や風邪などの感染症にかかった後、10日から3週間経って血尿やたんぱく尿、むくみ、高血圧、腎機能の低下などの症状が突然あらわれます。一般的には3~6ヶ月くらいで治りますが、急速に進行したり慢性化したりする場合もあります。

治療方法

塩分やたんぱく質の制限を中心とした食事療法や、利尿薬、抗菌薬、血圧を抑える薬など病状に合わせた治療を行います。

急速進行性糸球体腎炎

急激に血尿、たんぱく尿、腎機能の低下があらわれ、数週から数ヶ月で急速に進行し、尿毒症(末期腎不全)に至ります。

治療方法

塩分やたんぱく質の制限を中心とした食事療法や、副腎皮質ホルモン製剤と免疫抑制薬、抗血小板薬、抗凝固薬などを組み合わせて治療します。

原発性ネフローゼ症候群

大量のたんぱく尿、血液中のたんぱくが減少する低たんぱく血症、高脂血症、むくみがあらわれます。

治療方法

食事療法(塩分制限)、ステロイド薬、免疫抑制薬などによる治療を行います。

慢性糸球体腎炎

慢性腎臓病をご参照ください。

慢性腎臓病(CKD)

腎臓病の初期にはほとんど自覚症状がなく、貧血、疲労感、むくみなどの症状があらわれたときには、病気がかなり進行している可能性があります。そこで、自覚症状のない段階で早期発見し、早めに治療を開始することで、末期腎不全への進行と心血管疾患を防ぐことを目的に慢性腎臓病という考え方が生まれました。

慢性腎臓病とは、腎臓の働きが健康な人の60%以下の状態や、腎機能は悪くなくても尿異常(たんぱく尿・血尿)が3ヶ月以上続くことを言います。

慢性腎臓病は放置すると徐々に腎機能が低下し、透析が必要な末期腎不全になる可能性が高まります。また、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患の危険性も高めることがわかってきています。

慢性腎臓病は尿検査や血液検査で比較的簡単に見つけることができますので、定期的に検査を受けるようにしましょう。また、慢性腎臓病と診断されたら生活習慣と食事の内容に気を付け、病気の進行を防ぐことが大切です。

全身性の病気による腎臓病・遺伝性の病気

全身性の病気による腎臓病は、「糖尿病性腎症」「ループス腎炎」「腎硬化症」「痛風腎」などです。また、遺伝性の病気として「多発性のう胞腎」があります。

糖尿病性腎症

糖尿病の3大合併症の一つで、増加傾向にあります。また、透析の導入に至る原因疾患の第一位です。糖尿病性腎症の治療は、血糖のコントロールが一番重要です。初期の段階では、糖尿病の治療と血糖の管理をしっかり行えば腎症が治ることもあります。

治療方法

糖尿病の食事療法に加え、慢性腎不全の食事療法が必要になります。しかしこの2つは互いに矛盾する部分もあることから、しっかり理解することが重要です。医療法人社団 厚済会では患者様の症状に合わせて指導を行います。薬物療法では、利尿薬や降圧薬を使用します。
≫糖尿病についての詳細はこちら

ループス腎炎

膠原病(こうげんびょう)の一つである全身性エリテマトーデス(SLE)による腎炎です。微熱や倦怠感などの全身性エリテマトーデスの症状のほか、たんぱく尿、血尿、むくみなどがあらわれ、ネフローゼ症候群や急速進行性糸球体腎炎などがあらわれることもあります。さらに進行すると末期腎不全になることもあります。

治療方法

基本的にはステロイド薬を中心とした薬物療法を行います。透析を導入すると全身性エリテマトーデスの症状がなくなることもあります。

腎硬化症

高血圧による腎臓の障害です。血圧のコントロールができないと腎臓が次第に硬く小さくなり、腎機能が低下していきます。

治療方法

食塩の摂取量を抑え、降圧薬による治療を行います。血圧のコントロールが非常に重要です。
≫高血圧についての詳細はこちら

痛風腎

痛風は生活習慣の乱れなどにより、血中の尿酸が増え高尿酸血症になる病気です。尿酸の結晶が腎臓の中に沈着して、腎機能が低下するのが痛風腎です。結石ができやすく尿管が傷付き腹部や背中が激しく痛んだり、場合によっては血尿が出たりすることもあります。放置すると末期腎不全に至ることもあります。

治療方法

プリン体を多く含む食品(いわし、あじ、かつお、えび、レバー類、白子など)を避けるなどの食事療法に加え、尿酸の排泄を増やす薬や、尿酸の合成を阻害する薬を使用します。

多発性のう胞腎(遺伝性の病気)

両側の腎臓にのう胞(水がたまった袋)がたくさんでき、腎機能が低下し、末期腎不全に至る遺伝性の腎臓病です。初期は自覚症状はなく、進行すると食欲低下、疲れやすさ、だるさ、夜間多尿、息切れなどがあらわれます。

治療方法

根本的な治療法はまだありませんが、病状を緩和させる薬が見つかりつつあります。

尿毒症とは

腎臓の働きが正常時の10%以下になると(腎不全の末期)全身にさまざまな症状があらわれ、尿毒症という状態になります。尿毒症は、頭痛・イライラ感・めまい・手足のしびれ・皮膚のかゆみ・むくみ・食欲不振・胃炎・出血しやすくなる・高血圧・心不全・呼吸困難など多様な症状が集合した状態です。このような症状を改善するためには透析治療が必要になります。

一度悪くなった腎臓を元の状態に戻すことは、現在の医学では残念ながらできません。しかし病気の進行を遅らせ、透析の導入を少しでも遅くすることは可能です。定期的に検査を受け、状態をチェックすることと、生活習慣の改善・食事療法が重要です。

腎臓病の検査

腎臓の機能を調べるために一般的に行われているのは尿検査と血液検査です。

尿検査

一般的な健康診断でも行う検査です。尿の中にたんぱく質や赤血球が含まれているかどうかを調べます。発熱や激しい運動などの影響によりこれらが尿中に含まれる場合もあるので、2~3回繰り返し検査を行って確認します。

血液検査

クレアチニンという筋肉の代謝産物の数値から腎臓の働きを推定することができます。クレアチニンは腎臓の糸球体でろ過され、尿中に排出されていますが、腎臓の機能が低下すると尿中に排泄される量が減り、血液中に溜まってきます。

クレアチニン値からおよその糸球体濾過量(GFR)を計算することができます。GFRとは、糸球体が1分間にどれくらいの血液をろ過して尿をつくることができるかを示す値です。健康な人では100mL/分/1.73m2前後で、60mL/分/1.73m2未満が持続すると慢性腎臓病と診断されます。さらにGFR値が下がると、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患や、末期腎不全の危険が高まります。

病気ステージ 重症度の説明 GFR値(ml/min/1.73㎡)
1 腎障害は存在するが、
GFRは正常または亢進
≧90
2 腎障害は存在し、
GFR経度低下
60~89
3a 軽度~中等度 45~59
3b 中等度~高度 30~44
4 GFR高度低下 15~29
5 腎不全 <15

腎臓病と診断されたら

腎臓病と診断されたら、病気を進行させないためにもまず生活習慣の改善が必要です。肥満の改善や減塩、規則正しい食事、禁煙などを心がけましょう。高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある人は、医療機関を受診してきちんと治療をしておくことが大切です。


食事について

食事療法はできるだけ早い時期から始めることが効果的です。原因となった病気や合併症、年齢などにより食事療法の内容が異なるため、主治医や栄養士から指導を受けることが必要です。一般的な目安としては以下に気を付けましょう。

たんぱく質の制限

たんぱく質のとりすぎは、血液中の老廃物を増やし、腎臓に重い負担をかけます。食事中のたんぱく質を必要最低限に減らすことが必要です。

【腎臓病患者のたんぱく質摂取量の目安】
腎臓病の病気ステージが3b以上の場合、1日の摂取量は体重1kgあたり0.6~0.8gです。現在の日本では、1日のたんぱく質摂取量は平均で70~80gと言われています。通常の2分の1程度にまで減らすことになるので、個人の状態に合わせて栄養不良にならないよう十分な指導を受けることが重要です。低たんぱく食品などを上手に利用することも工夫の一つです。

体重50kg:30~40g/日
体重60kg:36~48g/日

甘いものにも注意

和菓子や洋菓子など甘いものにも注意が必要です。小豆や牛乳、卵が使われているため、意外とたんぱく質が多く含まれています。例えば、ショートケーキひとつには卵約1個分のたんぱく質が含まれています。

十分なエネルギーの摂取

たんぱく質を制限しているとエネルギー源(熱量)が少なくなり、体重が減りやすい傾向になります。また、エネルギーが不足すると体内のたんぱく質がエネルギー源として燃焼されるので尿素や窒素などの老廃物が増え、腎臓に負担がかかることになります。

1日の必要エネルギー量の目安は体重1kg当たり35~40kcalです。たんぱく質を減らした分、糖分や脂質を十分に摂取することが重要です。ただし、糖尿病など原因疾患によってはエネルギーをとりすぎてもいけません。医師や栄養士と相談の上、1日の必要エネルギー量を決めましょう。

塩分の制限

日本人の塩分の摂取量は1日平均11~12gと多めです。腎臓が悪くない場合でも塩分の摂取量を減らすことをおすすめします。むくみや高血圧のある場合には特に気を付ける必要があります。塩分の摂取は1日3~6gに抑えましょう。

リン・水分の制限

リンの値が高い場合、むくみ、腹水などがみられた場合は制限が必要になります。医師の判断に従ってください。