概要・沿革

TOP >  概要・沿革

医療法人社団 厚済会について

医療法人社団 厚済会は、昭和55年(1980年)の設立以来、地域に密着したあたたかく誠実な医療の提供をめざしています。地域で暮らす皆さまの日々の健康を守るパートナーとして、人工透析内科をはじめとする専門各科において大学病院と同レベルの先端医療を提供し、地域の皆さまに頼りにしていただける医療機関づくりに取り組んでいます。

厚済会の概要・沿革

厚済会の概要

法人名 医療法人社団 厚済会
設立 1984年9月
法人名 〒233-0002
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-10-1
TEL/FAX 045-844-5739/045-843-9382
代表 【理事長】山口 聡

横浜市・横須賀市にてクリニック4施設、50床の医療療養病床を有する病院1施設を運営する医療法人です。患者様に応じた安全・安心の透析診療と、内科全般の一般外来診療に対応しています。生活習慣の中から発生する生活習慣病(高血圧、心臓病、糖尿病、高脂血症、肥満、肝臓・消化器ガンなど)の予防や治療、透析治療や治療中の全身管理、療養・在宅復帰のサポートまで、地域の皆さまの健康を総合的にサポートします。

病院・クリニック

いずれの施設も京浜急行線の横浜から横須賀までの各主要駅から徒歩1~4分と、駅から近く通院しやすい立地です。
ご旅行やご出張の際にもご利用いただけます。

沿革

1980年9月 上大岡仁正クリニック 開院
1984年9月 法人設立(医療法人社団 厚済会)
1988年1月 旭病院 開院 病院登録
1988年3月 金沢クリニック開院 透析ベッド40床
1994年9月 新杉田クリニック開院
2000年9月 新杉田クリニック移転 名称変更:文庫じんクリニック開院 透析ベッド36床
2001年8月 追浜仁正クリニック 開院 透析ベッド22床
2004年1月 追浜仁正クリニック 拡張 透析ベッド22床→30床
2005年7月 上大岡仁正クリニック 移転 透析ベッド67床→86床
2005年10月 文庫じんクリニック 移転 透析ベッド36床→42床
2009年12月 旭病院 閉院
2015年2月 横浜じんせい病院 開院 医療療養病床50床 透析ベッド41床
2015年12月 金沢クリニック 移転 透析ベッド40床→44床
2018年10月 文庫じんクリニック 移転 透析ベッド42床→45床

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法 第12条第1項)

仕事と子育て、その他生活全般において調和がとれた、働きやすい職場環境の整備を目指し、 全ての従業員の能力を十分に発揮できるようにするため、次の計画を策定する。

  1. 計画期間
     2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間
  2. 計画内容
     目標1:女性育児休業取得率100%の継続
     【 対策 】
     2019年4月~
     ・制度周知のため、職員ハンドブックを刷新する。

    目標2:男性職員の育児休業および子の看護休暇の取得促進
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・制度周知のため、ポスターを掲示する。
    ・管理職へ制度の概要を説明し、積極的な利用を促す。

    目標3:年次有給休暇の取得促進
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・年次有給休暇の取得に向けて、職員に対し啓発活動を図る。
    ・一人当たりの年間平均取得日数を把握し、社内で公表する。
    ・従業員の年次有給休暇付与日と付与日数を、所属長へ周知する。

    目標4:小学生未満の子を持つ職員が利用できる短時間勤務制度の導入
    【 対策 】
    2019年4月~
    ・3歳以上小学生未満の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度を
    新しく作成する。

女性活躍推進法に基づく優良企業として「えるぼし」認定を取得しました。

一般事業主行動計画(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律 第8条第1項)

職員がその能力を発揮し、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次の計画を策定する。

  1. 計画期間
    2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間
  2. 課題
    職員に占める女性割合は7割以上で、勤続年数の男女差も少なく、既に女性が活躍しているが、 法人全体の平均勤続年数に課題がある。働き続けやすい 職場環境の整備が必要。 また、管理職に必要な能力を身につけるための研修制度が整っていない。
  3. 目標と取組内容・実施時期

    目標:対象者の7割以上が出席する管理職研修を実施する

    【 取組内容 】
    取組1: 研修・セミナー参加等によるキャリア意識の向上
     ・2020年4月~管理職候補者への教育研修の実施

    取組2: 管理職に対するワーク・ライフ・バランスに関する意識啓発
     ・2020年4月~管理職による有給休暇等の率先取得
     ・2020年4月~育休・産休や子の看護休暇の概要説明

    取組3: ハラスメント防止のための仕組みづくり
     ・2019年4月~マタハラ・セクハラ・パワハラ防止に関する相談・苦情への対応
               フロー構築(職員ハンドブックを刷新し周知)
     ・2019年4月~新入職員(中途採用含む)へのメンタルヘルス(セルフケア)
               研修の実施
     ・2020年4月~管理職へのメンタルヘルス(ラインケア)研修の実施