腎臓病の種類

腎臓の働きが正常時の10%以下になると(腎不全の末期)全身にさまざまな症状があらわれ、尿毒症という状態になります。尿毒症は、頭痛・イライラ感・めまい・手足のしびれ・皮膚のかゆみ・むくみ・食欲不振・胃炎・出血しやすくなる・高血圧・心不全・呼吸困難など多様な症状が集合した状態です。このような症状を改善するためには透析治療が必要になります。

尿毒症はさまざまな症状があらわれます。
頭痛、イライラ感、手足のしびれ、皮膚のかゆみ、むくみ、食欲不振、出血しやすい、心不全

一度悪くなった腎臓をもとの状態に戻すことは、現在の医学では残念ながらできません。しかし病気の進行を遅らせ、透析の導入を少しでも遅くすることは可能です。定期的に検査を受け、状態をチェックすることと、生活習慣の改善・食事療法が重要です。

今以上悪くしないためにも
生活に気をつけないとね
検査や生活の改善についてみてみましょう
腎臓病の検査	生活の改善
食事療法について
TOPへ戻る