腎臓のはたらきについて
腎臓のはたらきや構造などを知っておきましょう。

人間が生命を維持し健康に生活するためには、体液の量や成分が適正に保たれていなければなりません。腎臓はそのための最も重要な役割を果たしています。

腎臓では、体内の水分量や、電解質、血液のバランスを調整しています。 人間の体の中には体重の約60%の水分が含まれていますが、水をたくさん飲んだ場合と、汗をかいて喉がからからの場合では、必要な水分量に違いがあります。体にとって適切な状態になるように尿の量を調整して体内の水分量のバランスを調整しています。同様に、ナトリウムやカリウムなどの電解質のバランスも調整しています。

汗をかいてのどがカラカラ:尿の量は少なめ
腎臓:尿の量を調整します。
水をたくさん飲んでいる:尿の量は多め

また、人間の血液は弱アルカリ性ですが、酸性に傾いてしまうとさまざまな問題が起きます。腎臓は血液中の酸とアルカリの排泄を調節して、弱アルカリ性に保つ働きもしています。

腎臓っておしっこをつくる以外にも大切な働きをしてくれていたんだね!
腎臓のはたらき(3)  
ホルモンの生産・分泌
TOPへ戻る
  • 腎臓について学ぶ
  • 腎臓のはたらきについて
  • 腎臓のはたらき(1) 
〜おしっこができるまで〜
  • 腎臓のはたらき(2)  
水分、電解質、血液のバランスを調整
  • 腎臓のはたらき(3)  
ホルモンの生産・分泌
  • 腎臓の構造
  • 生活習慣病について
  • 腎臓病について
  • 透析について