腎臓のはたらきについて
腎臓のはたらきや構造などを知っておきましょう。

腎臓は、血液をろ過して不要になった老廃物をおしっことして排泄しています。

口から取り入れた食べ物や飲み物に含まれる栄養素は、体内で利用されます。その後、余分な栄養素や老廃物を含む血液は腎臓に運ばれます。

腎臓では血液中の不要な栄養素や老廃物をろ過します。ろ過されたものの中にはまだ利用できるものも含まれているので、利用できるものは回収されて、血液へと戻されます。そして体にとって本当に不要な水分・塩分・老廃物だけがおしっことして尿管、膀胱を経由して体の外へ排泄されます。

腎臓のろ過システム

老廃物や栄養素などが含まれた血液は腎臓(フィルター)で濾されます。

体にとって必要なものは残り、老廃物などいらないものは膀胱へ送られます。

体にとって必要なものは、きれいになった血液とともに体内に戻り再利用されます。 老廃物などはおしっことして体外へ排泄されます。

腎臓の働きが悪くなると、おしっこをつくることができなくなり、排泄されるべき物質が体の中に残ってしまいます。そうすると尿毒症などの病気を引き起こします。

老廃物を捨てることができない

おしっこを作るってとても大切なことだったんだね
腎臓のはたらき(2)  
水分、電解質、血液のバランスを調整
TOPへ戻る
  • 腎臓について学ぶ
  • 腎臓のはたらきについて
  • >腎臓のはたらき(1) 
〜おしっこができるまで〜
  • 腎臓のはたらき(2)  
水分、電解質、血液のバランスを調整
  • 腎臓のはたらき(3)  
ホルモンの生産・分泌
  • 腎臓の構造
  • 生活習慣病について
  • 腎臓病について
  • 透析について