腎臓の構造

腎臓の中はどうなっているのでしょうか。 腎臓の中には「糸球体」と呼ばれる毛細血管の塊があり、血液がろ過されています。糸球体は片方の腎臓に約100万個あるといわれています。

糸球体の中の毛細血管には非常に小さな孔があいており、そこから水分や 老廃物が濾しだされてきます。これを原尿といいます。原尿は一日に150〜160リットルつくられます。

原尿は尿細管を通る間に水分や栄養素などが再吸収されます。そして1.5リットル程度まで濃縮され、おしっことして尿菅、膀胱を通り体外へ排出されます。

糸球体と尿細管は、あわせて「ネフロン」というひとつの機能単位として考えられています。

へぇ〜毛細血管が
フィルターの役割をしているんだね



厚済会の医療施設ご紹介

現在、横浜市港南区上大岡を拠点とし、
京浜急行線沿線に透析クリニックが
4施設ございます。


上大岡仁正クリニック
京浜急行線・市営地下鉄地下鉄ブルーライン 上大岡駅 徒歩1分
一般外来併設

文庫じんクリニック
京浜急行線 金沢文庫駅 徒歩5分


金沢クリニック
京浜急行線 金沢八景駅 徒歩2分
シーサイドライン 金沢八景駅 徒歩4分


追浜仁正クリニック
京浜急行線 追浜駅 徒歩4分



入院設備を備えた療養型病院が
1施設ございます。


横浜じんせい病院
市営地下鉄ブルーライン 港南中央駅 徒歩4分
一般外来併設


TOPへ戻る