【実体験アドバイス】コロナワクチン2回目の副反応

解熱鎮痛薬のタイミングについて

副反応の腕の痛みや、頭痛、発熱などに対して、市販の解熱鎮痛薬は有効ですが、痛みが出る前に予防的に解熱鎮痛薬を飲むことは、推奨されていません。(厚生労働省HPより)痛みを感じた際や、発熱をした際に、飲むようにしましょう。また、普段飲んでいる薬のとの飲み合わせもありますので、常用薬のある方は、かかりつけ医又は、薬剤師にご相談ください。鎮痛薬を飲んでも我慢できないほどのつらい痛みや発熱がある場合は、我慢をせずに病院を受診するようにしましょう。

▶1回目のワクチン対策はこちら
【覚えておきたい!】コロナワクチン1回目|副反応の対策は?
▶管理栄養士から コロナ対策の食生活のアドバイスはこちら
【管理栄養士直伝】免疫力アップ6つのポイント|コロナ対策|
【栄養士直伝】素人でもわかる!免疫力UP食事のポイント