バスキュラーアクセスとは

透析療法(血液透析)を受けるにはバスキュラーアクセスの手術が必要です。バスキュラーアクセス(VA)とは「血管への到達法」を意味しています。

【1】AVF(内シャント法=自己血管使用皮下動静脈瘻)

透析治療のバスキュラーアクセス(VA)では最も一般的な方法(全体の90%位)です。内シャント法の特徴はその開存率(詰まりにくい血管の状態)が高いことです。血液透析をするためには、一分間当り150〜200cc程度の血液が必要です。この血液を確保するために血管に太い針を刺して脱血しますが、動脈を頻回に穿刺(針を刺すこと)するのは困難ですし、静脈は血流量が少な過ぎて必要な血液を確保できません。

そこで動脈と静脈の間にバイパスを作り、動脈血の一部を毛細血管を経ずに動脈から静脈へ血液を直接流して、「静脈を動脈化」することにより静脈の血流を増し、静脈から血液を一分間当り150〜200ccほど透析機に通すのです。このバイパスのことを「シャント=近道」といい、「脇にそらすこと」「流れを側路により変えること」を原義としています。この手術を「シャント法」「シャント手術」といいます。

AVF(内シャント法=自己血管使用皮下動静脈瘻)写真

シャントは一般的に手首部位に作られますが、最近では糖尿病や動脈硬化で血管の状態が良好でなかったり、採血や点滴の繰り返しで血管が傷んでいる患者さんの場合には肘の近くで作ったり、以下に示す人工血管内シャント法、長期型バスキュラーカテーテル法などでバスキュラーアクセスを行う場合もあります。

AVF(内シャント法=自己血管使用皮下動静脈瘻)写真

【2】AVG(人工血管内シャント法=グラフト造設術)

AVGは開存性や抗感染という意味ではAVFには劣りますが、返血ライン(血液を体に循環させるライン)の確保という意味では優れたVAといわれています。

皮膚下の血管が無くなり、内シャント法や動脈の表在化もできなくなった場合、人工血管を腕あるいは太ももに入れます。ポリウレタン素材(Vectra)使用の場合は手術をした次の日から穿刺(針を刺すこと)も可能です。また手術部位や状況によっては、ePTFE素材(当院では高性能なPTFE-VXTを使用)も使用します。

心臓の機能の悪い方、動脈硬化の強い方、感染症を併発している方には手術ができません。また人工血管であり生体にとっては異物とみなされるために、上述のAVFと比較すると人工血管とのつなぎ目が狭くなりやすかったり、感染などの合併症を起こし易いため、定期的な外来通院が必要になります。

AVG(人工血管内シャント法=グラフト造設術)写真

【3】SFSA(動脈表在化手術法)

SFSAは、動静脈瘻を作製しないことから、心負荷がなく、心不全患者さんにとっては非常に有益なVAといえます。しかし,動脈自体を繰り返し穿刺することから穿刺部が瘤状に変化したり、壁在血栓を形成することで、感染を引き起こし破裂したり、末梢の循環不全を引き起こすこともあります。透析には二本の針を刺さなければいけませんが、もう一本は今ある静脈に刺します。針を刺せる静脈がなくなると、この方法は透析には使えなくなります。

SFSA(動脈表在化手術法)写真

【4】PVC(長期留置カテーテル法)

PVCは、心負荷がないこと、穿刺がないために負担が少なく患者さんのQOL向上に有用なVAと考えられますが、カテーテルが体外にできていることから出口部やカテーテル内の感染の危険性が高く、カテーテル内血栓の問題(抗凝固剤などで対応)、透析効率の問題などの理由で広く普及するには至っていませんが、上記3つの手術が出来ない場合や、表在血管に乏しい場合、高齢者でADL(日常生活動作=Activities of Daily Living )の低い患者さん、小児には有益なVAであると考えられています。

PVC(長期留置カテーテル法)写真

参考文献:
『透析療法事典 第2版』医学書院
『バスキュラーアクセス実践ガイド』診断と治療社
エントランス
受付
透析センター
TOPへ戻る