[会長ご挨拶] 厚済会が大切にしていること

外来診療について

歓びが感じられる暮らしを守る地域医療。

当医療法人は昭和55年(1980年)の設立以来、人々が暮らす身近な地域で大学病院と同レベルの最先端医療を気軽にご利用いただけるように専門科目を各科に設置し、日常生活の総合的なパートナーとなりえる医療機関づくりを目指しております。
また、地域生活向上の一助になればと居宅介護支援事業所を設置。医療・福祉の両軸による支援活動にも取り組んでおります。

大学病院と連携した質の高い最先端医療。

当医療法人は、私が横浜市立大学病院に勤めておりました頃、大学病院を共に支えてきた各分野の中心的な医師たちと『地域に密着した真心の医療』を理想に掲げ、新しい病院像を求めて協力し合いながら発足させました。生活習慣の中から発生する生活習慣病(高血圧、心臓病、糖尿病、高脂血症、肥満、肝臓・消化器ガンなど)において、日進月歩で進歩している医学の最前線の治療を身近で受けていただくために、当医療法人の担当医師たちは、大学病院の臨床の現場と直接に交流を図りながら、医療の質の向上に積極的に取り組んでおります。

厚済会の精神について

「仁」
仁術の心をもって正しい医療を提供する。
「愛」
温かい愛と奉仕の精神をもって、自分が患者さんであればどのような医療を求めるだろうかと常に自問し続けること。
「知」
「技」
医療において謙虚さこそ最も大切な資質である。謙虚な姿勢をもって、医療にあたる専門職同士が互いに尊敬し合い、高め合える信頼関係を持つこと。
 
常に最新の医療知識と技術の獲得を目指し、患者さんに安心して頂ける医療人となるように努力する。

『あたたかく誠実な医療で患者さんを幸せにすること』