脂質異常症(高脂血症)について

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中に溶けている脂質(コレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸など)が異常に多い状態をいいます。血液の粘り気が増し、血管の内壁に脂質がついて動脈の壁が厚く硬くなり、動脈硬化を引き起こします。そのまま放置すると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。

脂質異常症の血液の中
脂質が多く、血液がドロドロ→動脈硬化→狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など

脂質異常症の原因は、遺伝的な素因のほかに、過食、高脂肪食、運動不足などの悪い生活習慣や、それによる肥満があげられます。食事にからんだ要因がいちばん多いので、食生活を適正に保つことが重要です。

自覚症状がないので放置されがちですが、心筋梗塞、脳梗塞の他には高血圧や腎臓病の原因になったり、悪化させたりすることもあります。定期的に健康診断を受け、チェックすることが大切です。

自分では気づかないって怖いね。
検査を受けに行かなくちゃ!
脂質異常症についてもっと詳しくみてみましょう
脂質異常症にならないために 脂質異常症になってしまったら 
TOPへ戻る