慢性腎臓病(CKD)
慢性腎臓病(CKD)とは

慢性腎臓病(CKD)とは、腎臓の働きが健康な人の60%以下の状態や、腎機能は悪くなくてもたんぱく尿が出ている状態が3ヶ月以上続くことをいいます。

慢性腎臓病とは

慢性腎臓病(CKD)は放置すると徐々に腎機能が低下し、透析が必要な末期腎不全になる可能性が高まります。また、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患の危険性も高めることがわかってきています。

腎臓病の初期にはほとんど自覚症状がなく、貧血、疲労感、むくみなどの症状が現れたときには、病気がかなり進行している可能性があります。そこで、自覚症状のない段階から患者さんを見つけ、早めに治療を開始することで、末期腎不全への進行と心血管疾患を防ぐことを目的に慢性腎臓病(CKD)という考え方が生まれました。

初期には自覚症状が
ほとんどありません

慢性腎臓病(CKD)は尿検査や血液検査で比較的簡単に見つけることができます。定期的に検査を受けるようにしましょう。また、慢性腎臓病(CKD)と診断されたら生活習慣と食事の内容に気をつけ、病気の進行を防ぐことが大切です。

自覚症状がないから
きちんと検査を受けなくてはね
検査や生活の改善についてみてみましょう
腎臓病の検査	生活の改善
食事療法について
TOPへ戻る