腎臓の構造

腎臓の中はどうなっているのでしょうか。 腎臓の中には「糸球体」と呼ばれる毛細血管の塊があり、血液がろ過されています。糸球体は片方の腎臓に約100万個あるといわれています。

糸球体の中の毛細血管には非常に小さな孔があいており、そこから水分や 老廃物が濾しだされてきます。これを原尿といいます。原尿は一日に150〜160リットルつくられます。

原尿は尿細管を通る間に水分や栄養素などが再吸収されます。そして1.5リットル程度まで濃縮され、おしっことして尿菅、膀胱を通り体外へ排出されます。

糸球体と尿細管は、あわせて「ネフロン」というひとつの機能単位として考えられています。

へぇ〜毛細血管が
フィルターの役割をしているんだね
TOPへ戻る